アベンジャーズ

 

『アベンジャーズ』

予告

あらすじ

 

神々の国アスガルドから宇宙空間に飛ばされたロキは、そこで遭遇した宇宙人種族チタウリのリーダー ジ・アザーと地球に侵攻することで手を組む。

地球では、国際平和維持組織S.H.I.E.L.D.長官のニック・フューリーが、部下のマリア・ヒルとともに、緊急事態に陥っている研究施設を訪れていた。そこでは、エリック・セルヴィグ博士が研究を進めていた、無尽のエネルギーを秘めた謎の物体、四次元キューブが暴走を始めていた。そこに突如ワームホールが開き、ロキが降臨する。ロキは手にしたセプターでセルヴィグやクリント・バートン(ホークアイ)の心を操り、味方にしてしまった。彼らはキューブを奪い、施設から脱出する。

世界滅亡の危機を前に、フューリーはヒーローたちの最強チーム「アベンジャーズ」を結成することを決意した。女スパイのナターシャ・ロマノフ(ブラック・ウィドウ)はインド・コルカタに派遣され、そこで医師として働き身を潜めていたブルース・バナー博士(ハルク)に協力を要請する。S.H.I.E.L.D.のエージェント、フィル・コールソンは、ニューヨークスターク・タワー[8]を訪れ、トニー・スターク(アイアンマン)にセルヴィグの研究資料を手渡す。フューリーは、70年の眠りから覚めたスティーブ・ロジャースキャプテン・アメリカ)に対して、「世界を救え」と説得した。

程なくしてドイツ・シュトゥットガルトに現れたロキは、駆けつけたスティーブ、トニー、ナターシャと対峙するが、あっけ無く降参する。その隙に、バートンはキューブの安定化に必要なイリジウムを盗んでいた。ロキの義兄、ソーはロキに地球侵略を諦めてアスガルドに戻るよう説得するがかなわず、仕方なくトニーとスティーブに従ってS.H.I.E.L.D.の空飛ぶ空母ヘリキャリアの中にある独房にロキを閉じ込めた。科学者のバナー博士とトニーは、キューブの位置を特定しようとする。

S.H.I.E.L.D.がキューブの秘められた力を地球外生命体からの攻撃への抑止力として利用しようとしていることを知ったアベンジャーズは激論となり、仲間割れを起こす。その間、ロキに操られたバートンと傭兵たちはヘリキャリアを急襲し、エンジンを爆破し航行不能に陥らせようとしていた。トニーとスティーブは協力して停止したエンジンを再起動させようとする。バナー博士は爆発の衝撃で我を忘れて凶暴なハルクに変身し、ナターシャを襲うが、ソーが間一髪それを食い止める。バートンはナターシャとの激しい格闘戦の末に倒されて、ロキのマインド・コントロールから解放された。独房から抜け出したロキは駆けつけたソーを代わりにそこに閉じ込めると、駆けつけたコールソンを刺し殺し、さらにソーを独房ごと空飛ぶ空母から地上に投げ出した。そのまま、ロキは首尾よくヘリキャリアからの脱出に成功する。ハルクは自分を狙ったS.H.I.E.L.D.の戦闘機を攻撃しようとして地上へと落下してしまった。

S.H.I.E.L.D.はコールソンを失ったが、[9]その死をきっかけにアベンジャーズは結束する事となる。トニーとスティーブは、ロキの目的がアベンジャーズの打倒にとどまらず、自身の力を見せ付けて地上に君臨することであると気付く。ロキはキューブとセルヴィグが作った装置を使ってスターク・タワーの真上にワームホールを開くと、チタウリの艦隊を呼び寄せ、ついに攻撃を開始した[10]

反撃するアベンジャーズであるが、チタウリの波状攻撃にてこずる。スティーブ、トニーとソーは、バートンの助けも借りて、ニューヨーク市民を安全な地下に避難させる。再びバナー博士はハルクに変身し、ロキを追い詰め、滅多打ちにした。スターク・タワーの屋上に到達したナターシャは、ロキのセプターを使えばワームホールを閉じられることを目が覚めたセルヴィグから教えられる。一方、フューリーの上官たちは侵略を食い止めるためにマンハッタンに核ミサイルを打ち込むことを決定していた。トニーは発射された核ミサイルに飛び乗り、無理やり進行方向を曲げてワームホールを通してしチタウリの艦隊へと向かわせる。ミサイルがチタウリの母艦に命中すると、地上にいるチタウリの兵士たちが動かなくなった。アーマーのパワー切れでトニーはニューヨークの街に落下するが、地表に激突する寸前でハルクが受け止める。ワームホールはナターシャの手で完全に閉じられた。平和な日常に戻り、ソーはロキとキューブとともにアスガルドに帰った。アベンジャーズは再び必要とされる時に必ず戻ってくる、とフューリーがヒルに語った。

主要クレジットが流れた後、ジ・アザーが主であるタイタン人のサノスに、うかつに地球に手を出せば、死を招く結果になる危険性を訴えるが、サノスはアベンジャーズに興味を持つように不適な笑みを浮かべていた。全クレジットが流れた後、アベンジャーズがシャワルマ専門店で黙々とシャワルマを食べるシーンがある。

キャスト

トニー・スターク / アイアンマン演 – ロバート・ダウニー・Jr、日本語吹替 – 藤原啓治大富豪の天才発明家にして慈善家。自社の兵器がテロに使われたことを知り兵器製造から撤退し、テロと戦うべく自身が開発した最新鋭のパワードスーツを装着し、“アイアンマン”として戦う。本作では、さまざまな役割を持って活動するが、相手を茶化す態度やフューリーとS.H.I.E.L.D.への不信感から他のヒーローの不興を買い、内部分裂まで引き起こすトラブルメーカー的な側面も見せる。日本でのキャッチコピーは「ありえないほど《天才》」[11]。ダウニー・Jrは『アイアンマン2』、『アベンジャーズ』を含む4つの作品に出演する契約をマーベル・スタジオと交わした[12]。詳細は「トニー・スターク#MCU版」を参照

スティーブ・ロジャース / キャプテン・アメリカ演 – クリス・エヴァンス、日本語吹替 – 中村悠一第二次世界大戦中に秘密結社“ヒドラ”を壊滅させ、母国アメリカを救った末に北極海で消息を絶ち、現代に復活した伝説の超人兵士。本作では、持ち前の指揮能力の冴えと卓越した戦闘能力、抜群のリーダーシップでアベンジャーズの指揮官を務める。日本でのキャッチコピーは「ありえないほど《正義》」[11]。エヴァンスはマーベル映画、3作品への出演契約を交わした[13]。詳細は「キャプテン・アメリカ#MCU版」を参照

ブルース・バナー / ハルク演 – マーク・ラファロ、ハルクの声 – ルー・フェリグノ[14][15]、日本語吹替 – 宮内敦士キャプテン・アメリカを誕生させたスーパーソルジャー計画の再現実験の失敗でガンマ線を大量に浴びたことにより、怒りなどの感情の高ぶりで緑色の大男“ハルク”と化す体質となった天才生物学者。本作ではナターシャからの依頼を受けてS.H.I.E.L.D.に協力し、トニーと共にテッセラクト捜索の任務にあたる。日本でのキャッチコピーは「ありえないほど《豹変》」[11]。ラファロはマーベルとエドワード・ノートンの交渉が決裂した後に出演が決まった[16]。またラファロによると、これまでのようなCGIではなく、『アバター』のストップ・アクション、モーションキャプチャによって自分自身がハルクを演じる[17]。詳細は「ハルク (マーベル・コミック)#MCU版」を参照

ソー演 – クリス・ヘムズワース、日本語吹替 – 三宅健太北欧神話の雷神“トール”のモデルであり、神々の国アスガルドの王・“オーディン”の息子にして、最強の雷神。本作では義弟のロキとの関係性が物語の重要なファクターとなっており、彼と戦うことになっても倒すのではなく、改心させてアスガルドに連れ帰ろうとする姿勢を一貫し、偶然出会ったトニーらと衝突しながらも、アベンジャーズの中心メンバーとして活躍することになる。日本でのキャッチコピーは隆々とした筋肉や天をも操ってしまう神業にちなんで、「ありえないほど《豪快》」[18]。ヘムズワースは複数の映画出演契約を交わした[19]ヘムズワースとジョス・ウェドンが同じ作品に係わるのは『キャビン』に続いて二度目である[20]。ヘムズワースによると、『マイティ・ソー』での役作りのために多くの鶏肉、魚、ステーキ、卵を摂取しており、「僕の体重はほとんどタンパク質だよ!」と冗談にした[21]。詳細は「マイティ・ソー#MCU版」を参照

ナターシャ・ロマノフ / ブラック・ウィドウ演 – スカーレット・ヨハンソン、日本語吹替 – 米倉涼子S.H.I.E.L.D.のエージェントにして、世界最強の女スパイ。優秀なアスリートとして活躍した後、厳しい訓練を受けてS.H.I.E.L.D.のスパイとなった[22][23]。本作ではアベンジャーズ結成のために尽力し、自らもチームの一員として強大な敵に立ち向かう。また、ロキによって彼女の過去の一端も明かされる[注釈 1]。日本でのキャッチコピーはセクシーさを強調した衣装から、「ありえないほど《妖艶》」[23]。ヨハンソンによると、ブラック・ウィドウは、ホークアイとともにスーパーパワーのない登場人物ではあるが、アベンジャーズの一員であることにかわりなく、紅一点ではあるものの、単なるお飾りではない、戦う登場人物だという[24]。また、本作では、「彼女の知られざるダークな過去も垣間見ることができる」といい、ヨハンソンはそのようなダークな部分に魅力を感じていた[23]。詳細は「ブラック・ウィドウ (ナタリア・ロマノヴァ)#MCU版」を参照

クリント・バートン / ホークアイ演 – ジェレミー・レナー、日本語吹替 – 宮迫博之S.H.I.E.L.D.のエリート・エージェントにして地上最強の射手として知られる弓術の名人[25]。物語序盤に現れたロキによって洗脳され、テッセラクト強奪や、イリジウムの奪取に、ヘリキャリア襲撃の片棒までを担ぐこととなり、洗脳が解けるとロキへのリベンジを願い、アベンジャーズに参加。持ち前の弓捌きでサポートに徹する。日本でのキャッチコピーは「ありえないほど《俊敏》」[11]。レナーはこの役は非常な身体能力を要求するものであり、身体トレーニングとアーチェリーの練習で出来る限りの準備をしていると述べた[26]。詳細は「ホークアイ (マーベル・コミック)#MCU版」を参照

ロキ演 – トム・ヒドルストン、日本語吹替 – 平川大輔北欧神話に登場する悪戯の神“ロキ”のモデルであり[19]、本作のメインヴィランでもある邪神にしてソーの義弟。かつて自身の野望を妨げられ、宇宙の彼方に消えていったが、その際に出会ったジ・アザーと結託。ソーへの復讐とアスガルドの王位獲得のため、テッセラクトを奪取しチタウリを率いて地球侵略を企む。その一方でヒーローたちやコールソンに一本取られてしまう場面も多い。ヒドルストンはロキが抱く野望に関して、実在した独裁者と同じで、人類に彼を崇めさせることによって、争いがなくなり、ある種の平和をもたらすことができると考えており、同時に自尊心を満たすために無限のパワーを追い求めているのだと語った[27]。詳細は「ロキ (マーベル・コミック)#MCU版」を参照

フィル・コールソン演 – クラーク・グレッグ、日本語吹替 – 村治学さまざまな作戦を監督するS.H.I.E.L.D.のエージェント[28]。本作ではロキに勇敢に立ち向かうも返り討ちにあい、それまでばらばらだったアベンジャーズを一致団結させるきっかけとなる重要な役柄を担う。グレッグはマーベルと複数の映画出演契約を交わした[29]。その生死は不明のまま終わっていたが、後にスピンオフ作品のテレビドラマ『エージェント・オブ・シールド』の主役として再登場する。コールソンがキャプテン・アメリカのファンであるという設定はウェドンのアイデアである[30]。詳細は「フィル・コールソン」を参照

マリア・ヒル演 – コビー・スマルダーズ、日本語吹替 – 本田貴子S.H.I.E.L.D.副長官を務めるエージェントで、フューリーと緊密に行動する[31]未製作となった『ワンダー・ウーマン』の映画でもウェドンが一度候補に挙げていたスマルダーズは、モリーナ・バッカリンなどを含む数人の候補の中からこの役に選ばれた。彼女は計9本の映画への出演契約を結んだ[32][33]。詳細は「マリア・ヒル#MCU版」を参照

ヴァージニア・“ペッパー”・ポッツ演 – グウィネス・パルトロー、日本語吹替 – 岡寛恵スターク・インダストリーズの現CEOで、トニーの恋人。トニーと仲睦まじくスターク・タワー開発に勤しむが、彼がコールソンからの依頼を受けると、それに応えるよう促し、自身はワシントンD.C.に出張する。詳細は「ペッパー・ポッツ#MCU版」を参照

J.A.R.V.I.S.声 – ポール・ベタニー[34]、日本語吹替 – 加瀬康之J.A.R.V.I.S.の項を参照。

ジ・アザー演 – アレクシス・デニソフ、日本語吹替 – 谷昌樹チタウリのリーダー。本作でロキにテッセラクト奪取を指示した張本人で、チタウリに絶対の自信を持つ。実は後の『MCU』作品に登場する黒幕のサノスの忠実な側近であり、尊敬するサノスのためなら、あらゆることを実行する程忠誠を誓っている。

ゲオルギー・ルチコフ演 – イエジー・スコリモフスキ[35]、日本語吹替 – 小島敏彦ロシア人スパイ。廃墟でナターシャを椅子に縛り上げて拷問する。

ハインリヒ・シェーファー演 – ディーター・リーズレシェーファー警備会社のオーナーである原子核物理学者。イリジウムを欲するロキに襲われる。

ジャスパー・シットウェル演 – マキシミリアーノ・ヘルナンデス、日本語吹替 – 丸山壮史S.H.I.E.L.D.エージェント。本作ではヘリキャリアのブリッジのオペレーターを務める。

エリック・セルヴィグ演 – ステラン・スカルスガルド、日本語吹替 – 金子由之ソーの友人の天体物理学者。フューリーの依頼により、NASAの研究施設でクリントの監視の下、テッセラクトを研究していたが、出現したロキに洗脳されてしまい、テッセラクトとイリジウムを組み込んだワームホール発生装置を完成させてしまう。

ニック・フューリー演 – サミュエル・L・ジャクソン、日本語吹替 – 竹中直人[注釈 2]S.H.I.E.L.D.長官。日本でのキャッチコピーは「ありえないほど《凄腕》」[11]。ジャクソンは『マイティ・ソー』、『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』などを含む9作品に同キャラクター役での出演契約を交わした[36]。役作りではタフガイになるよう、千葉真一が演じた柳生十兵衛のキャラクターを取り入れている[37]。詳細は「ニック・フューリー#MCU版」を参照

これ以外には、『マイティ・ソー』ヒロインであるジェーン・フォスター役のナタリー・ポートマンは写真のみの登場であった[38]。また、ハルクが落下して激突する廃墟の警備員としてハリー・ディーン・スタントン(吹替:松岡文雄)がそれぞれカメオ出演した。マーベル映画にカメオ出演することで有名な共同原作者スタン・リー(吹替:広瀬正志)は、映画終盤のニュースのインタビュー映像に台詞付きで登場した[39]。商品がアイアンマン・アーマー マーク7の装着に必要なアイテムに採用されたアーク・クエスト社長の小松克巳も妻子とともに出演した[40]ヘイリー・アトウェル(吹替:園崎未恵)演じる、年老いたペギー・カーターがキャプテン・アメリカに再会するシーンは上映時間の都合でカットされた[41]

映画のレビュー

LOVE
LOVE

アベンジャーズ好きです。

ソーが一番好き(*^^*)

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。