デビルマン

デビルマン

予告

あらすじ

不動明飛鳥了は幼少からの親友。了は昔から少々個性的で、神話の類の怪物を好み、「お前(明)も俺達の仲間になれ」と明によく話し掛けていた。そんな了がある日、明に自身の父が死んだと伝え、明に父の最期の映像を見せる。するとその中で父はデーモンなる悪魔に研究施設の人間が取り憑かれ、次々に変貌していくというのだ。了の父もその一人だった。了は明を自宅に招き、変わり果てた父の姿を明に見せる。悲鳴を上げる明。畳み掛けるように了は自分も取り憑かれたと明に伝える。自分を殺して欲しいと了は明に伝えるが、明は友は殺せないと激昂する。その隙を突くかのように、精子の様な球体に変化した悪魔アモンが明に取り憑いてしまう。凄まじい熱気で明の装いは破れ、煙の中から現れたのはアモンに酷似した悪魔の姿だった。そこに多重人格のデーモンが一体出現し、「勇者アモンが復活した」と喜びの旨を目の前のアモンと思しき生物に投げ掛ける。しかし、振り向いたその生物から、人間の存在をデーモンは感じとる。不動明はアモンの精神に打ち勝ち、悪魔の体を支配したのだ。人間の心に悪魔の体を持つ、デビルマンの誕生である。了は親友・不動明に対し、祝福の言葉を投げる「ハーピーバースデー!デビルマン!!」と。

キャスト

映画のレビュー

LOVE
LOVE

これってオリジナル作品なのかな(⌒-⌒; )

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。