▶︎▶︎▶︎猫のたらを探してます

ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー

『ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー』

予告

あらすじ

最上級生(シニア)になったトロイやガブリエラ、ワイルドキャッツの仲間たちは、イースト高校卒業を目前にしている。しかし、トロイとチャド、ジーク、ジェイソンたちが出場しているバスケの決勝戦の前半では、相手チームに負けてしまっている(映画はここから始まる)。そしていよいよ後半戦、イースト高校でプレイする最後の16分間が始まるとき、トロイは悔いのない経験を仲間たちと共有したいと心から思う…。

試合を終えたワイルドキャッツは、それぞれに自分たちの進路について悩んでいた。それぞれの恋人や親友に別れを告げるときも、刻一刻と近づいていた。父親の希望通りにアルバカーキ大学でバスケの道に進むべきなのか、トロイも人知れず悩んでいた。ガブリエラはスタンフォード大学からの奨学金を受けることが決まっていたが、スタンフォードはアルバカーキから1000マイル(約1600Km)も離れた場所にあった。スタンフォードへの入学時期を1年遅らせようかと打ち明けるガブリエラに、トロイは「チャンスを先延ばしにしてはいけない」と言って背中を押そうとするが、本心はガブリエラと離れるべきではないと思っていた。

そんなとき、ワイルドキャッツの仲間たちは、卒業間近に行われる春のミュージカルに揃って出演することになる。ミュージカルのテーマは、それぞれの「シニアイヤー(=卒業の年)」。コンサートの本番には、ジュリアード音楽院の奨学生の選考員が来ることが知らされる。しかも、その奨学金の候補者は、スター気取りのシャーペイと、その弟で振付担当のライアン、音楽担当のケルシーのほか、一人だけ申し込んだ覚えのないトロイの4人だった。

キャスト

前作からのキャスト

トロイ・ボルトン (Troy Bolton)演 – ザック・エフロン、日本語吹替 – 森田成一卒業後はアルバカーキよりもガブリエラの進学先であるスタンフォード大学に近いカリフォルニア大学に進学。

ガブリエラ・モンテス (Gabriella Montez)演 – ヴァネッサ・ハジェンズ、日本語吹替 – 折笠富美子卒業後は奨学金を受け取りスタンフォード大学に進学。

シャーペイ・エヴァンス (Sharpay Evans)演 – アシュレイ・ティスデイル、日本語吹替 – 永田亮子卒業後はアルバカーキ大学のartに進学。

ライアン・エヴァンス (Ryan Evans)演 – ルーカス・グラビール、日本語吹替 – 福山潤今作ではピアノを弾くイケメンなキャラに成長している。姉の差し金もありケルシーをプロムに誘う。卒業後はジュリアード音楽院にダンスで推薦入学。

チャド・ダンフォース (Chad Danforth)演 – コービン・ブルー、日本語吹替 – 関智一卒業後はアルバカーキ大学にバスケ推薦で進学。

テイラー・マッカーシー (Taylor McKessie)演 – モニーク・コールマン、日本語吹替 – 坂本真綾卒業後はエール大学の政治学科に進学。

ケルシー・ニールセン (Kelsi Nielsen)演 – オレーシャ・ルーリン英語版)、日本語吹替 – 榎本温子前二作よりも垢抜けた可愛らしい姿になり、発言もハキハキしている。姉の差し金であったがライアンと良い関係になり、卒業後はジュリアード音楽院にピアノで推薦入学。

ジーク・ベイラー (Zeke Baylor)演 – クリス・ウォーレン・Jr英語版)、日本語吹替 – 岸尾だいすけ今作ではシャーペイとプロムに参加するなど本格的にカップルになっているが、プロムに誘うシーンはカットされている。卒業後はシェフになった。

マーサ・コックス (Martha Cox)演 – ケイシー・ストロー今作ではダンスが認められチアリーダーになっている。プロムにはジェイソンと参加した。卒業後はラヴァースプリングスカントリークラブでキッチンスタッフとして働いている。

ジェイソン・クロス(Jason Cross)演 – ライン・サンボーン英語版)サブキャラにも関わらず、何故か日本語版では三作通して声優がいない他、ミュージカルでは2同様キャラが居なかったりする。プロムにはマーサと参加。卒業後はラヴァースプリングスカントリークラブでウェイターをしている。

ジャック・ボルトン (Jack Bolton)演 – バート・ジョンソン、日本語吹替 – 内田直哉

ダーバス先生 (Ms.Darbus)演 – アリソン・リード、日本語吹替 – 小宮和枝

ルシール・ボルトン (Lucille Bolton)演 – レスリー・ウィング

ヴァンス・エヴァンス (Vance Evans)演 – ロバート・カーティス・ブラウンル

ローラ・エヴァンス演 – ジェシカ・タック

今作からのキャスト

ジミー・“ザ・ロケット”・ザラ (Jimmie”The Rocket”Zara)演 – マット・プロコップ英語版)、日本語吹替 – 水島大宙トロイ達の後輩でワイルドキャッツ所属の2年生。明るい性格で、いつもドニーと一緒にいる。自称するザ・ロケットはワイルドキャッツでは「ロケットマン」と言われ、シャーペイからは「おもちゃのギャングみたい」と称された。ティアラとは喧嘩するほど仲が良いと言った具合だが、異性として気にはなっている。演じたマットによるとジミーは「先輩を慕いつつもその座を狙っている」との事。

ドニー・ディオン (Donny Dion)演 – ジャスティン・マーティン、日本語吹替 – 石井真トロイ達の後輩でワイルドキャッツ所属の二年生。いつもジミーと共に行動するが、ジミーとは対象的に静かな性格をしている。演じたジャスティンによれば「ドニーは冷静な性格なんだ」「だから、ジミーとコンビを組める」との事。

ティアラ・ゴールド (Tiara Gold)演 – ジェマ・マッケンジー=ブラウン英語版)、日本語吹替 – 佐古真弓ロンドンの演劇学校から編入して来た2年生。シャーペイの付き人として働き始める。実は野望を隠し、それを成し遂げる為に付き人をしていたが野望は失敗した。本来のティアラはシャーペイ(わがまま)並に宜しくない性格をしている。ジミーとは喧嘩するほど仲が良い状態だが、異性として気にはなっている。演じたジェマはティアラの性格を「性悪」と発言している。

ダンフォース(チャドの父)演 – デヴィッド・レイヴァーズ英語版

映画のレビュー

LOVE
LOVE

ハイスクール・ミュージカルは、ザックが出ているので好きです(*゚▽゚*)

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。