『死霊館のシスター』

f:id:RIKA-T:20190402213149j:image

 『死霊館のシスター』あらすじ・キャスト・映画の感想

あらすじ

youtu.be

暗黒時代、ルーマニアの聖カルタ修道院でオカルトに興味を持った公爵が悪魔を召喚した。その結果ヴァラクが召喚される。しかし、ヴァチカンの使者により儀式の途中で襲撃され、失敗に終わる。キリストの血で地獄の扉を封印され、封じ込める事に成功する。 しかし大戦中に、修道院空爆され、再び扉が開きヴァラクが復活する。以後修道院内で猛威を振るう。修道女達の犠牲は極限を迎える。そして、時は1952年、2人の修道女が暗い地下墓地の廊下を歩いていた。キリストの血で悪魔を封印しようと試みたが、1人が襲われ、もう1人の修道女にある鍵を託し犠牲となった。修道女は悪魔に憑依されない様に大罪であるが首を吊って自殺した。数日後、フレンチという青年が物資を運びに修道院に立ち寄り、遺体を発見。これによりヴァチカンが調査の為、バーク神父と見習いのシスターアイリーンを派遣する。フレンチ、バーク、アイリーンはこの修道院で起こる不可解な出来事が全てヴァラクの存在である事を突き止める。壮絶な戦いの末、途中で襲われたりしながらもなんとか地獄の扉を閉じ、ヴァラクの再封印が達成されたかに見えたが、ヴァラクは一瞬の隙にフレンチに憑依していた。彼の体に逆さ十字が現れた所で物語は終了する。

 

キャスト

  • タイッサ・ファーミガ – 修道女アイリーン(清水理沙
  • デミアン・ビチル – バーク神父(てらそままさき)
  • ジョナ・ブロケ – フレンチー(モーリス・テリオールト)(岩田翼)
  • ボニー・アーロンズ – ヴァラク、悪魔の尼僧。
  • シャーロット・ホープ – 修道女ヴィクトリア
  • イングリット・ビス – 修道女オアナ
  • ジョニー・コイン – グレゴロ
  • マニュエラ・チューカー – 修道女クリスチャン
  • ジャレッド・モーガン – マークィス
  • アーカイブ映像による出演編集
  • パトリック・ウィルソンエド・ウォーレン(咲野俊介)
  • ヴェラ・ファーミガ – ロレイン・ウォーレン(小林さやか
  • リリ・テイラー – キャロリン・ペロン
  • クリストフ・ヴェイロン – モーリス・テリオールト

映画の感想

死霊館のシスターレンタルで、観ました(^^♪

マジ、怖かったです。

 

 

ブロトピ:はてなブログ更新しました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。