『ゴースト・イン・ザ・シェル』

f:id:LOVELOG:20200220215044j:plain

『ゴースト・イン・ザ・シェル』

予告


日本語吹替版『ゴースト・イン・ザ・シェル』予告編

あらすじ

ネットに直接アクセスする電脳技術が発達すると共に、人々が自らの身体を義体化(=サイボーグ化)することを選ぶようになった近未来。脳以外は全て義体化された少佐率いるエリート捜査組織「公安9課」は、サイバー犯罪やテロ行為を取り締まるべく、日夜任務を遂行していた。そんな中、ハンカ・ロボティックス社の推し進めるサイバー技術の破壊をもくろんだテロ組織による事件を解決すべく、少佐は同僚のバトーらと共に捜査にあたるが、事件を調べていくにつれ、自分の記憶が何者かによって操作されていたことに気付く。やがて、真の自分の記憶を取り戻していく少佐は、自身の驚くべき過去と向き合うことになる

ゴースト・イン・ザ・シェル [Blu-ray]

ゴースト・イン・ザ・シェル [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: パラマウント
  • 発売日: 2018/03/23
  • メディア: Blu-ray
 
ゴースト・イン・ザ・シェル [DVD]

ゴースト・イン・ザ・シェル [DVD]

  • 出版社/メーカー: パラマウント
  • 発売日: 2018/03/23
  • メディア: DVD
 
キャスト
  • ミラ・キリアン少佐 / 草薙素子 – スカーレット・ヨハンソン(田中敦子)
  • バトー – ピルー・アスベック(英語版)(大塚明夫)
  • 荒巻大輔 – ビートたけし
  • オウレイ博士 – ジュリエット・ビノシュ(山像かおり)
  • クゼ – マイケル・カルメン・ピット(小山力也)
  • トグサ – チン・ハン(山寺宏一)
  • ラドリヤ – ダヌーシャ・サマル(山賀晴代)
  • イシカワ – ラザルス・ラトゥーエル(英語版)(仲野裕)
  • サイトー – 泉原豊
  • ボーマ – タワンダ・マニーモ
  • カッター – ピーター・フェルディナンド(英語版)(てらそままさき)
  • ダーリン博士 – アナマリア・マリンカ(加納千秋)
  • リー – ダニエル・ヘンシャル(英語版)(坂詰貴之)
  • ダイヤモンド – カイ・ファン・リエック(加藤ルイ)
  • ハイリ(素子の母親) – 桃井かおり(大西多摩恵)
  • モトコ(素子) – 山本花織(内野恵理子)
  • ヒデオ – アンドリュー・モリス(今村一誌洋)
  • リア – アジョワ・アボアー(柳瀬英理子)
  • 大統領 – クリス・オビ(乃村健次)
  • 芸者ロボット – 福島リラ(福島リラ)
  • トニー – ピート・テオ(英語版)(蜂須賀智隆)
  • オズモンド博士 – マイケル・ウィンコット(クレジットなし)(広田みのる)
映画のレビュー

スカーレット・ヨハンソンが、マジで、カッコよかった(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA