はじめての方に読んで欲しい記事

きみと、波にのれたら

ブログランキング・にほんブログ村へ

『きみと波にのれたら』

予告

あらすじ

向水ひな子は、幼少期を過ごした海辺の町にある大学に進学し、一人暮らしを始める。サーフィン好きな彼女は、自宅近くの海岸で連日波に乗る生活を送っていた。そんなある日、近くの廃ビルで上げられていた無許可花火の火の粉が原因で、ひな子の住むマンションで火災が発生、逃げ遅れたひな子は、屋上からはしご車によって救出された。その消防隊員である雛罌粟港とひな子は後日サーフィンのデートを楽しみ、親密な関係になる。サーフィンは初心者ながら、オムレツをきれいに調理し、コーヒーを豆から挽いて作る港に、ひな子は「何でもできる人」と憧れを抱く。一方の港は、自分が消防士になったのは幼少期に海で助けられた経験から、人助けをする仕事がしたいと思ったからだとひな子に打ち明けた。二人はクリスマスにデートスポットのタワーに行き、そのあとは二人きりになって愛を確かめ合った。だが、それから間もない雪の朝、一人でサーフィンに行った港は、水難者を助けようとして命を落としてしまう。さらに、港が大事にしていたサーフボードは真っ二つに折れていた。

落ち込んで海から離れた場所に転居したひな子の元に、港の妹(洋子)と後輩消防士の川村山葵が訪れ、港の遺品を渡した。その中に港のスマートフォンがあったもののパスワードがわからず、画面を開けなかった。そんな矢先、ひな子が以前港と口ずさんだ歌を歌ったところ、近くの水中に港が現れたような経験をする。何度かそれを繰り返して、「歌を歌えば水中に港が出現し、会話もできる」ことを確認したひな子は、浮き袋や水筒の中に港を出現させ、それを持参して「デート」を繰り返した。だが、周囲からは港の姿は見えず、不審がられる。

「デート」先でひな子がナンパされかけたとき、港は自分が何もできないことを感じる。一方、ひな子は山葵から好意を抱いていることを打ち明けられ、動揺する。山葵から「港はもういない」と言われたひな子は道路に飛び出して自動車にはねられそうになる。港は水を出す不思議な力でそれを防いだが、水がなくなると港が天に昇るように姿を消すのをひな子は目にし、港が消えることを恐れて二度と呼ばないと決める。

港の実家を訪れたひな子は、港が幼少期に海で救われた詳細を知る。それはひな子自身の記憶にあった。港を助けたのはひな子だったのだ。ひな子はその日付を確認してスマートフォンに入力し、港の最後のメッセージを見ることができた。

ひな子はライフセービングの資格を取ろうとする。だが人工呼吸の訓練では港の最期を思い出して続けられなかった。ある日、洋子のバイト先にいた客の集団の会話から、彼らが昨年の無許可花火の犯人で再び花火を上げようとしているのを、洋子とひな子は知る。二人は犯行現場を押さえるため、集団の後について「巨大クリスマスツリー」のある廃ビルに忍び込む。無許可花火から今回も火災が発生し、ひな子と洋子は上層部に取り残される。港が消えることを恐れたひな子だったが、港が本当に望んでいることに気付き歌ったとき、大量の水とともに港が現れ、「波に乗れ」と話しかける。ひな子は洋子と流れてきた担架を使って港が起こした波に乗り、無事に地上に降りることができた。それを見届けて港は昇天する。

次のクリスマス、カップルになった山葵と洋子とともに、ひな子は一年前に来たタワーを訪れる。二人と別れたあと、来訪者のメッセージを読み上げるタワーの放送に一年前の港のメッセージが流れ、ひな子は号泣した。

やがてライフセーバーとなったひな子は、一人で波に乗るのだった。

キャスト

雛罌粟港(ひなげし みなと)声 – 片寄涼太GENERATIONS from EXILE TRIBE)、山崎智史(子供時代)本作の主人公[8]。消防士。真面目な性格の努力家で、仕事もしっかりとこなし、誰からも慕われている。サーフィンをするときはスナメリが描かれているサーフボードをよく使っていた。共働きの両親の代わりに料理を担当している。妹の洋子曰く、何でもできる頑張り屋で、喫茶店を開く夢を持っていた。ひな子からは「何でもできる」と評されていたが、本人は何をやっても失敗続きだったと自身の過去を語っていた。しかし、少年時代に波打ち際で海に出ようとする孵化したばかりの亀の子供の懸命な姿を見てから何事にも一生懸命に取り組むようになった。向水ひな子(むかいみず ひなこ)声 – 川栄李奈木野日菜(子供時代)本作のもう1人の主人公[8]。サーフィンが得意な大学生。将来について確かな映像が描けずに悩んでいる。学業とサーフィンの傍ら、花屋でアルバイトをしている。姓をよく「むこうみず」と読み間違えられる。実家は造園業を営んでいる。家族構成は両親と兄。好物はオムライスだが、オムレツはうまく作れずにいる。港の死から1年後、オムレツをうまく作れるようになり、ライフセーバー免許も習得した。雛罌粟洋子(ひなげし ようこ)声 – 松本穂香[9]港の妹で高校二年生。自分の気持ちに素直になれないぶっきらぼうな性格ではあるが、兄の港にだけは素直になれる。当初はひな子にも好意は抱いていなかった。兄からは口の悪さ(きれいなのに毒がある)からヒョウモンダコと呼ばれていた。長く不登校をしていたが、ひな子と出会った頃から学校に通うようになる。そのきっかけは山葵からの励ましで、それ以降は山葵に想いを寄せる。とはいえ、山葵がひな子への恋心を相談してきたときには、思わず乱暴な態度を取った。兄の死後、その遺志を実現させたいという思いから、勉強のため喫茶店で働く。無許可花火の犯人を捕まえるために自分でその現場を押さえようとするなど、正義感は強いながら無茶なこともする。兄の死から約1年の間に当初は一方的に嫌っていたひな子との仲も改善し、また山葵とも恋人同士になった。川村山葵(かわむら わさび)声 – 伊藤健太郎[9]新人消防士で港の二つ年下の後輩。人懐っこい性格ではあるが、消防士としての腕前はまだまだ港に及ばず、失敗を繰り返している半人前。自分自身に自信が持てず悩んでいた。彼の一言が洋子に再び学校に通う勇気を与え、以後は想いを寄せられるも、本人はひな子に恋愛感情を抱いており、洋子の気持ちには気付いていなかった。港の死後にひな子に告白したものの、未だ港に心のあるひな子には受け入れてはもらえなかった。港の死から1年近く経つ頃には消防士として一人前になり、想いを寄せられていた洋子と恋人同士になった。

映画のレビュー

こんにちは。LOVE (@LOVELOG2020) です♪
LOVE
LOVE

何かいい感じだった。

あんな恋愛してみたいとか。

若いって、いいな(⌒-⌒; )



ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。

SHARE