はじめての方に読んで欲しい記事

クルエラ

ご訪問頂きありがとうございます。ランキングに参加中ですポッチとよろしくお願いしますm(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ

『クルエラ』

予告

あらすじ

エステラ・ミラーは、ファッションの才能を持つ奇想的な半黒半白の髪を持つ子供だった。残酷な一面を持っている為、母親のキャサリンから「クルエラ」というあだ名を付けられる。エステラは反抗的な性格のため学校では素行が悪く教師たちから目を付けられ、とうとう退学させられてしまう。キャサリンは娘を連れ出し、ロンドンに引っ越すことを計画する。途中、大きな屋敷に住む、フォン・ヘルマン男爵夫人が主催するパーティーに立ち寄り、資金援助を求めた。車で待っているよう母親から命じられていたエステラだったが、ファッションへの好奇心から車を降り、パーティー会場に潜入するも見つかってしまい、パーティー会場を騒然とさせる。すんでのところで外に出られたエステラだったが、資金援助を頼む母親の姿を見ることになる。しかし、会場からエステラを追ってきた男爵夫人の凶暴なダルメシアンたちによって母親が崖から突き落とされるのを目撃してしまう。孤児になったエステラは無我夢中でロンドンに向かい、ジャスパーとホーレスという 2人の浮浪児と仲良くなる。浮浪児達と行動する際、目立たない様にエステラは髪を赤く染める。

10年後、エステラはジャスパーとホーレスと一緒に泥棒として生計を立て、変装時の衣装を制作することでファッションスキルを磨いていく。彼女の誕生日に、ジャスパーとホーレスはエステラが憧れていたリバティ百貨店での仕事をプレゼントする。しかし、予想とは違い、清掃員の仕事をあてがわれ、エステラは上司に仕事を替えて貰うよう頼みこむが聞き入れてもらえない。自暴自棄になり酒に酔ったエステラは気に入らなかったショーウィンドウのマネキン衣装を作り直す。上司からはクビを宣告される寸前、著名で権威主義者なオートクチュールデザイナーの男爵夫人が来店する。ショーウィンドウの奇抜で斬新なデザインが目に留まり、男爵夫人にスカウトされ彼女の下で働くことになる。仕事をして行く内に並外れた才能を発揮したエステラに男爵夫人は信用を置くようになるが、ある日、キャサリンが持っていた首飾りを男爵夫人が身に着けていることに気付く。エステラが尋ねると、「従業員が以前にこれを盗んだ」と主張し、嘘だと知ったエステラはそれ以降憎むようになり、ジャスパーとホーレスでネックレスを取り返す計画を練る。

エステラはクルエラに変装し、髪を半黒半白の髪に染め直し男爵夫人の主催するパーティーに華麗に登場する。男爵夫人がダルメシアンに命令するために笛を使用した時、エステラは同じ笛を使って犬にキャサリンを殺害するように指示した女がいたことを思い出し、それが男爵夫人であったことに気がついた。エステラは母親が男爵夫人に殺されたことから復讐を計画し、アーティというヴィンテージ衣料品店のオーナーの助けを借り、デザインした華やかな衣装を身に纏ってクルエラとして大勢の注目を集めることによって、男爵夫人を嘲り、邪魔する。クルエラのふざけた態度は、幼なじみでゴシップのコラムニストであるアニータを通じて広く宣伝される。クルエラの傲慢で傍若無人な振る舞いは、ジャスパーとホーレスを呆れさせる。また男爵夫人の弁護士・ロジャーがクルエラを止められなかったとしてクビにされるまでに事が大きく影響する。エステラは、男爵夫人のダルメシアンの一匹が誤ってネックレスを飲み込んだと知ると、ジャスパーとホーレスにダルメシアンを誘拐させる。

エステラは男爵夫人の春のコレクションを妨害し、リージェンツ・パークで自分のショーを披露する。エステラとクルエラが同一人物であると気付いた男爵夫人は、ジャスパーとホーレスを逮捕し、アジト兼アトリエに帰って来たエステラを拘束し、焼殺させようとする。

しかし、エステラは男爵夫人の側近・ジョンに助け出され、そのネックレスがエステラの出生証明書の入った箱の鍵であることを打ち明ける。ジョンは男爵夫人がエステラの実の母であることを告げた。男爵夫人は自分のキャリアだけに集中出来るように、ジョンに幼児を殺すよう命令したが、 ジョンは子どもを救おうと、男爵家のメイドの一人であるキャサリンに赤ん坊を預けて、エステラを秘密裏に育てさせることを企てたのである。エステラは母だと思っていたキャサリンに嘘をつかれていたことに憤慨するが、最終的に復讐を遂げるために事実を受け入れ、クルエラという名前を永遠に使うことをリージェンツ・パークの噴水の前で誓う。

クルエラはジャスパーとホーレスを刑務所から脱獄させ、最後の計画のために彼らとアーティを再び仲間に引き入れる。彼らは男爵夫人のチャリティー・ガラに忍び込み、そこでクルエラ(エステラの姿をした)は男爵夫人に、自分が捨てられた娘であることを明かす。男爵夫人はクルエラの勇気ある行動に同情を示すふりをし、彼女を崖から突き落とす。クルエラは服に仕組まれたパラシュートを使って落下死を免れ、男爵夫人が逮捕されるところでエステラの姿を捨てたクルエラが堂々と登場する。苗字として「デ・ヴィル(盗まれたパンサー・ド・ヴィルにインスパイアされた)」を採用し、クルエラは男爵夫人の屋敷だった「ヘルマン館(Hellman Hall)」をその正当な継承者として手に入れ、manの字を取って「地獄の館(Hell Hall)」と改名する。

エンドクレジットのシーンで、クルエラはポンゴとパーディタと名付けた2匹のダルメシアンの子犬を、ロジャーとアニータにそれぞれ与える。現在シンガーソングライターとして活躍しているロジャーは、「クルエラ・ド・ヴィル」という曲を作ったところで物語が終わる。

キャスト

映画レビュー

こんにちは。LOVE (@LOVELOG2020) です♪
LOVE
LOVE

凄くいいDiney’s作品です(๑˃̵ᴗ˂̵)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。

SHARE